【出会い系テクニック③】どんなメールを送ったらいいのか

最初に送信するメッセージは、最も重要です。このことを肝に銘じてください。

女性に出会えるかどうかは、最初のメッセージでほとんど決まると言っても過言ではありません。

最初のメッセージに対して返信してもらうのは、最も難しいといえます。

逆にいえば、この難関を突破してしまえば、その後は比較的スムーズに進んでいく可能性が高いと思います。

どうすれば最初のメッセージが注目され、返事をしてもらえるのか。

今回は、そのコツをお伝えしましょう。

■「こんにちは」「はじめまして」は避けましょう

「こんにちは」「はじめまして」。通常、初めての相手に声をかける言葉として、何も問題はありません。

でも、このような無難なあいさつでは、数多くの男性メッセージの中に埋もれ、目立ちません。

ほとんどの出会い系のメールでは、管理画面にタイトルと日時のみが表示されます。

このため、「はじめまして」「こんにちは」などで始まるタイトルは埋没し、女性たちの視界にすら入ってこないでしょう。

メッセージが殺到するような女性の場合、最悪、メッセージを開いてすらもらえない可能性もあります。

では、どんなタイトルにするのがいいのか。

思わず引き込まれて、中身のメッセージを読んでしまいたくなるタイトルがベストです。

たとえば、相手の女性をほめるような言葉だと好感をもってもらえます

相手のプロフィールを読み、ほめてあげられる長所を探しましょう。

それを、いきなりタイトルに織り込むのです。

特に女性はほめ言葉に弱いですから。

■メッセージ内容は、女性のプロフィールを読んで決める

まず、自己紹介をダラダラと長く書くことは避けましょう。

丁寧に自分のことを説明しようとしても、最初のメッセージではあなたのことについて、

まだ深く関心をもってもらうのは難しいからです。

かえって、ウザがられるかもしれません。

では、何を書いたらいいのか。

それは、女性に「気持ちよくなってもらう」ことです。

相手のプロフィールに書いてあることに注目し、丁寧に質問します。

相手の趣味や長所について、詳しい内容を聞いてあげるのです。

そうすれば、相手の女性は気持ちよく答えてくれる可能性が高いです。

特に女性は相手の話を聞くより、自分のことを語りたい傾向が強いといえます。

さらに重要なのは、相手に質問すると同時に、共感し、ほめてあげることです。

その結果、話は自然と盛り上がり、次のメッセージ交換につながっていきます。

2回目以降、相手から質問を受けたら自分のことについて丁寧に答える必要はありますが、

初期の段階では、まず相手のことに関心をもち、共感し、ほめることが成功へとつながります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。